06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2008-09
浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2008-09 (JUGEMレビュー »)
カーショウ(ジュリアン),プゥルセル(フランク),ヤルヴィ(ネーメ),ヤルヴィ(パーヴォ),ベルリン・フィル12人のチェリストたち,レネハン(ジョン),パールマン(イツァーク),ザ・タンゴ・プロジェクト
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2008-09
浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2008-09 (JUGEMレビュー »)
カーショウ(ジュリアン),プゥルセル(フランク),ヤルヴィ(ネーメ),ヤルヴィ(パーヴォ),ベルリン・フィル12人のチェリストたち,レネハン(ジョン),パールマン(イツァーク),ザ・タンゴ・プロジェクト
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック
浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック (JUGEMレビュー »)
オムニバス(クラシック),ビッスン(ノエル),浅田舞,ブライトマン(サラ),ヴェンゲーロフ(マキシム),ロンドン・フィルハーモニック・オーケストラ,フィルハーモニア管弦楽団,ルフェーブル(アラン),ミカレッリ(ルチア),レオポルド・フェデリコ楽団,マルコフ(アレクサンドル)
『浅田舞&真央 初の公認アルバム。浅田舞・真央スケート・コンピ。
国民的アイドルであり、今後ますます注目の超人気スケーター浅田真央&舞姉妹が、これまでの競技で使用したクラシック曲を集めました。 』…とのことです。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
フィギュア・スケート・ミュージック 最新グレーテスト・ヒッツ
フィギュア・スケート・ミュージック 最新グレーテスト・ヒッツ (JUGEMレビュー »)
オムニバス(クラシック),古澤巌,メイ(ヴァネッサ),ベル(ジョシュア),横山幸雄,アンドレ・コステラネッツ・オーケストラ,フィラデルフィア管弦楽団,オーマンディ(ユージン),バーンスタイン(レナード),メータ(ズービン),トーマス(マイケル・ティルソン)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
浅田真央16歳
浅田真央16歳 (JUGEMレビュー »)
宇都宮 直子
『フィギュア・スケートを一躍国民的関心事までにした浅田真央の美しい16歳の一年。アスリートとして成熟した真央の素顔を写真と記事で』…だそうです。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
チャンピオンズ・オン・アイス Vol.3
チャンピオンズ・オン・アイス Vol.3 (JUGEMレビュー »)

ミシェル・クワン, ドロシー・ハミル, イリーナ・スルツカヤ, サラ・ヒューズ, トッド・エルドリッジ
RECOMMEND
チャンピオンズ・オン・アイス Vol.2
チャンピオンズ・オン・アイス Vol.2 (JUGEMレビュー »)

ドロシー・ハミル, ブライアン・ボイタノ, フィリップ・キャンデロロ, エルヴィス・ストイコ, ナンシー・ケリガン
RECOMMEND
チャンピオンズ・オン・アイス Vol.1
チャンピオンズ・オン・アイス Vol.1 (JUGEMレビュー »)

トーヴィル&ディーン, カタリーナ・ヴィット, ブライアン・ボイタノ, デヴィ・トーマス, ポール・ワイリー
RECOMMEND
RECOMMEND
Figure Skating Today: The Next Wave of Stars
Figure Skating Today: The Next Wave of Stars (JUGEMレビュー »)
Gerard Chataigneau,Steve Milton
表紙:浅田真央
RECOMMEND
別れの曲~ショパン名曲集
別れの曲~ショパン名曲集 (JUGEMレビュー »)
アシュケナージ(ウラディーミル),ショパン
RECOMMEND
トゥーランドット&チャルダッシュ~ベスト・オブ・フィギュア・スケート・ミュージック~
トゥーランドット&チャルダッシュ~ベスト・オブ・フィギュア・スケート・ミュージック~ (JUGEMレビュー »)
ヴォーン(サラ),レオポルド・フェデリコ楽団,ムター(アンネ=ゾフィー),ビーン(ヒュー),アカデミー室内管弦楽団,グッドマン(ベニー),メイ(ヴァネッサ),レネハン(ジョン),レビン(マイケル),マキシム,ジョン・バリー&オーケストラ
RECOMMEND
チャルダッシュ
チャルダッシュ (JUGEMレビュー »)
オムニバス
『氷上を舞うメロディの決定盤。フィギュア・スケートの今年の注目選手たちの音楽を集めたコンピレーション・アルバム、新たに感動を呼び起こす音楽が詰まっています。「チャルダッシュ」「メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲」他の話題曲をオリジナル使用音源を含むEMIクラシックスの超一流アーティストたちの豪華な顔ぶれで収録しました。』…だそうです。
RECOMMEND
RECOMMEND
World Figure Skaters
World Figure Skaters (JUGEMレビュー »)
菅原 正治
『「ワールドフィギュアスケート」の写真でおなじみのフォトグラファー、菅原正治が20年余にわたり撮り続けてきたフィギュアスケートの報道写真が写真集に!1985年から2006年まで撮り続けてきた膨大な写真のなかから、フォトグラファー自ら決定的瞬間を厳選。トップレベルの闘いが繰り広げられたオリンピックと世界選手権を中心に名場面の数々を臨場感あふれる写真で振り返ります。ヴィット、伊藤みどり、クワン、ヤグディン、プルシェンコ、荒川静香、浅田真央まで、トップスケーターたちの歴史的瞬間の数々がよみがえる!! 美しい写真を200点以上収録した永久保存版!!』…だそうです。
RECOMMEND
素直な心が才能を伸ばす!―だれでも結果は出せる
素直な心が才能を伸ばす!―だれでも結果は出せる (JUGEMレビュー »)
山田 満知子
『浅田真央と伊藤みどり。まったく異なる個性を育てた秘密とはいったい何なのか。遠い先を見ないで“今”を楽しむ・100回跳んだら120回着地する・本番直前にかける魔法の言葉など…浅田舞、中野友加里、恩田美栄、小岩井久美子など名古屋にいながら数々の一流選手を育て上げたフィギュアコーチが、子どもの埋もれた“才能”を開花させるヒントを初めて綴った一冊。本書が著者にとって初めての著作になる。』…だそうです。
RECOMMEND
美しく舞うためのフィギュアスケートレッスン
美しく舞うためのフィギュアスケートレッスン (JUGEMレビュー »)
山田 満知子
『五輪メダリストらトップスケーターを育てた名コーチによるフィギュアスケート入門書。スケート靴の履き方から、ストップ、ターン、ジャンプまで、連続写真と映像を使って丁寧に紹介する。付属DVDはレンタル禁止。』…だそうです。
RECOMMEND
氷上の光と影 知られざるフィギュアスケート
氷上の光と影 知られざるフィギュアスケート (JUGEMレビュー »)
田村 明子
『美しき氷上の舞――その裏側で展開されてきた闘いの深淵を描き出す。荒川静香のトリノ五輪金メダル獲得の秘密は? ジャッジと採点をめぐって繰り広げられてきた様々なドラマとは? ジャンプとスケート技術の関係は? 知られざる振付師たちの世界とは? 驚きのエピソード満載! フィギュアスケートの見方が変わります。』…だそうです。
RECOMMEND
RECOMMEND
ミラクル・マオ
ミラクル・マオ (JUGEMレビュー »)

『女子フィギュアスケート界の次期女王候補NO.1の浅○真央ちゃんにそっくりな美少女・葉里真央ちゃんのイメージが登場。彼女がいろんなスポーツに挑戦。ロリロリな“まおまお”の底なしの可愛らしさに、萌えキュンハートがくすぐられっぱなしの60分。』…だそうです。似てないと思うが…。
RECOMMEND
澤山璃奈初写真集Ice Dance Revolution R
澤山璃奈初写真集Ice Dance Revolution R (JUGEMレビュー »)

『銀盤の妖精・澤山璃奈DVD付き初写真集 ― 空前のフィギュアスケート人気の中、スピリッツでグラビアデビューしたアイスダンス部門全日本ジュニア3連覇の澤山璃奈。練習から水着までビューティアスリートの肢体と息づかいを伝える垂涎のDVD付き初写真集。 』…だそうです。
RECOMMEND
くるくる◇プリンセス ~フィギュアできらきら☆氷のエンジェル~
くるくる◇プリンセス ~フィギュアできらきら☆氷のエンジェル~ (JUGEMレビュー »)

Nintendo DS 用のフィギュアスケートのゲームです。一見、子ども向けっぽいが、技の選択肢などが細かそうで本格的かも…。
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
  • 採点の重大な疑問/キム・ヨナのスコアの謎 ― 世界フィギュアスケート選手権2009
    eko-eko- (02/28)
  • 採点の重大な疑問/キム・ヨナのスコアの謎 ― 世界フィギュアスケート選手権2009
    ゆう (02/28)
  • 採点の重大な疑問/キム・ヨナのスコアの謎 ― 世界フィギュアスケート選手権2009
    (02/27)
  • 採点の重大な疑問/キム・ヨナのスコアの謎 ― 世界フィギュアスケート選手権2009
    ヤワラカプリンセス (02/26)
  • 採点の重大な疑問/キム・ヨナのスコアの謎 ― 世界フィギュアスケート選手権2009
    葉月 (02/24)
  • 採点の重大な疑問/キム・ヨナのスコアの謎 ― 世界フィギュアスケート選手権2009
    ピュア (11/16)
  • 採点の重大な疑問/キム・ヨナのスコアの謎 ― 世界フィギュアスケート選手権2009
    美容・健康・フィギュアスケート (07/05)
  • 石見銀山を世界遺産に推薦、正式決定
    石見銀山世界遺産登録おめでとう (05/18)
  • 採点の重大な疑問/キム・ヨナのスコアの謎 ― 世界フィギュアスケート選手権2009
    林檎 (05/14)
  • 採点の重大な疑問/キム・ヨナのスコアの謎 ― 世界フィギュアスケート選手権2009
    サム (05/05)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2006年の流行語大賞は「イナバウアー」と「品格」 | top | フィギュアスケートGPシリーズ2006/2007総括・GPファイナル展望 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
フィギュアスケートNHK杯・生観戦記、浅田真央が歴代最高得点で優勝
フィギュアスケート・グランプリシリーズ2006/2007最終第6戦・NHK杯の、会場での生観戦レポートです。
・12/2(土)の男子SP・アイスダンスFD・女子FSのみ。
・場所は、長野ビッグハット。
※試合の詳細はこちら:NHK trophy, Results Details

■はじめに
○座席は、アリーナA席。初めてのショートサイド(ジャッジから見て右側)での観戦だったが、想像してたより見やすかった。首を左右に動かす必要がないので疲れないし、ストレートラインステップで選手がこっちにぐんぐん近づいてくるのを見るのは楽しい。でも、やはり選手が近くにいるときと遠くにいるときの見え方の差が、思ったより大きかった。選手がリンクの反対側にいるときは、本当にはるか遠く…という感じ。やはり、ロングサイドで観るほうがいいですね。
○長野のビッグハットは初めてだったが、首都圏の試合と比べると、観客の年齢層の幅が広く、家族連れも多かった。近くの席の子どもは「この花束はマオちゃん、この花束はスグリ、…」と言ってはしゃいでいた。会場の中を歩き回ってみたが、どの席からも見えやすいように設計されている。椅子の座り心地もよく、寒くもなく、大会の運営もスムーズに行なわれていて、非常に快適に観戦できた。首都圏からの日帰りだったが、思ったほど遠くない。また機会があれば行ってみたい。
○試合そのものは、本当に充実した内容だった。遠路はるばる行った甲斐があった。

■男子SP
○男子SPの結果は、1.高橋大輔、2.織田信成、3.チェンジャン・リー、4.小塚崇彦。翌日のフリー後の最終順位は、1.高橋、2.織田、3.小塚、で日本人が表彰台独占。
○実は遅刻してしまったのでした。到着したのは3番滑走終了後だった。2番滑走の高橋の演技を見逃したのが悔やまれる。しかも彼は高得点だったようで。
○小塚は、以前生で見たときは何とも思わなかったのだが、久しぶりに見て、とにかくスケーティングが綺麗、ステップが上手い、と思った。テレビで見る以上に他の選手との差を感じた。
○織田は、先日のアメリカ大会のSP(自己ベスト)より高い点だったので少し驚いた。たしかにノーミスのいい出来ではあったが。昨年のNHK杯でも思ったが、日本人選手に採点が甘いかも。

■アイスダンスFD
○第二グループ、第三グループと、後のグループになるほどスピードが速くなるのが素人目にも分かる。優勝したデュブリュイル・ローゾン組の演技だけは、他のカップルと違って、スケートである以上にダンスである、という感じ。スピードやダイナミックさでは2位のホフロワ・ノビツキー組のほうが上だったかもしれないが。やっぱり、アイスダンスは、ダンスとしての芸術的な面が強調されているほうが見ていて楽しい。

■女子FS
○女子FS結果:
1.浅田真央 130.02, 2.村主章枝 117.39, 3.中野友加里 104.07, 4.クリスティン・ズコウスキー 83.62,…。
SPと合わせた最終順位は、1.浅田真央 199.52, 2.村主章枝 179.31, 3.中野友加里 160.93, 4. ベアトリサ・リャン 129.32, …。予想どおり日本人選手が表彰台を独占。浅田と村主はファイナル進出。
○外国人選手:
日本人選手3人以外で印象に残ったのは、ロシアのアリーナ・マルチノワ。ジャンプのミスが目立ち、得点は伸びなかったが、潜在能力の高さを感じた。身のこなしが良いというか、身体を自由にコントロールする能力が高そう。これから本気で練習して、スルツカヤの後継者を目指してほしい。あと、ズコウスキーが妙に元気が良くてスピードがあった。
○村主章枝:
あのボーカル入りの曲(「魂の歌」「ファンタジア」)は、テレビを通して聴く以上にインパクトが強い。あの音楽で、会場全体が幻想的な雰囲気に包まれたような、催眠術にかけられたような、不思議な感覚に…。ただ、演技中盤でのパントマイム風の振付は、遠くから見ると、上半身の動きだけでほとんど滑っていないせいか、演技が完全にストップしたように見えてしまった。全体的に、とにかく調子が良さそうだった。昨季の全日本のフリーよりも良いかもと思った。それだけに最後のジャンプ(3S)の失敗が悔やまれる。もしかしたら「ここまで来たら2位→ファイナル進出は間違いない」「このままノーミスで高得点が出たら後で滑る真央ちゃんにプレッシャーがかかるかも」という考えが頭をよぎったのかもしれない、とも思うくらい予想外の3Sの失敗だった。最後の高速スピンは、間近で見られて嬉しかった。
○中野友加里:
村主の得点を見て、3A(トリプルアクセル)を跳ばないと2位→ファイナル進出はないと考えていたのかもしれない。冒頭のジャンプは、助走の長さから 3Aを跳びそうだな…とドキドキしながら見てたのだが、すっぽ抜けてしまった。その時点で3位が確定した、と多くの観客が思ったことだろう…。その後は、ジャンプのミスはあったが、最後まで何とかまとめてくれた。全体としては、何となく忙しいプログラムだなーと思った。
○浅田真央:
最終グループの6選手が現れたとき、一瞬どれが浅田真央か分からなかった。衣装が変わっていたし、約1年ぶりに見て、身長が思ったより大きくなっていたから…。6分練習では、前半の2〜3分は、ジャンプは跳ばす軽く流していた。その後、重要なジャンプを、それぞれ本番と同じ位置で丁寧に跳んでいた。ステップからの3Aは2回クリーンに降りていた。他のジャンプもほぼ完璧。これなら本番も期待できると思った。
優勝することがファイナル進出への事実上の絶対条件だったためか、演技の直前は、緊張しているように見えた。見ているほうも緊張してきた…。そして演技開始。最初のステップからの3Aは、降りた瞬間までは完全に成功したように見えたが、ステップアウトした。でも大きな拍手があった。ジャンプそのものは成功したと多くの観客が認めていたと思うし、本人もそう思ってただろう。次の2A+3Tも心配だったが、6分練習のときと同様に綺麗に決めてくれた。浅田真央の3Tが公式に認定されたのは、2005年の世界ジュニアの予選以来のはず。それだけに、2A+3Tが決まったのは大きい。続いて、最大の得点源の3F+3Loを決めた時点で、ほぼ優勝を確信できた。あとは安心して見ていられた。
実は一つ、観戦前に懸念していたことがあった。それは、浅田真央が演技中、リンクの端のほう(自分の座席の近く)にあまり来ないかも…ということだった。というのも、キャンベル、スケート・アメリカのフリーでは、テレビで見た限り、リンクの中央付近で滑っている時間が長かったからだ。しかし、NHK杯では、プログラム構成を変えて、リンクを広く使うよう、滑る軌道・要素を入れる位置を修正していた。おかげで、予想以上に近い距離で、ジャンプ・スパイラル・スピンを見ることができた。演技全体の印象としては、「チャルダッシュ」はテレビで観るよりいいプログラムだと思った。
結果は、TES 70.18, PCS 59.84 で、FS:130.02。優勝するには十分な得点だった。TESの数字が出たとき、高得点だったためか客席がどよめいたが、私はむしろ、TESは75くらいあっても不思議ではないと思ってたので、意外に低いなーと思った(これについては後述)。それにしても、大きなプレッシャーに勝ってよく優勝できました。おめでとうございます。
○表彰式:
表彰式の間は、選手の後ろ姿を見る時間が長かったが、すぐ近くで見られた。そこで改めて、浅田真央は随分大きくなったなと思った。表彰式では、日の丸が3つ揚がる様子、またそれを浅田・村主・中野の3人が表彰台の上で見つめている後ろ姿を、真後ろから見ることができた。壮観だった。この光景は忘れられません

■浅田真央の史上最高スコアについて
スルツカヤの記録を抜いたのは素晴らしいことだが、浅田真央の潜在能力から考えれば、これは単なる通過点にすぎない。誰よりも難しい演技構成で、しかも一つひとつの要素の質が高いのだから、多少のミスをしても歴代1位のスコアが出せる、ということ。では、今回のNHK杯でもしノーミスの演技だったらどれだけの得点が出ていたのか、検証してみたい。
○SP: 最初の3Lzはバランスを崩しかけて GOE -0.4 だった。アメリカ大会での3LzはGOE +1.0 だった。もしアメリカ大会と同様に跳べていれば、SP: 69.50 + 1.40 = 70.90がとれていたはず。
○FS: 冒頭の3Aは着氷が乱れて GOE -1.8だった。ステップから入る難しい跳び方だったのだがその部分は評価されなかったようだ。しかしこれが成功すれば余裕で GOE +1.0 はとれるはず。仮に +1.2だったとすると、ここだけで 3.0のロス。また、終盤の3Lz+2Lo+2Loは、2Lo+2Loがいずれも回転不足をとられて1Lo+1Loにされていた。後の1Loは、2Loにしてくれても…と思ったのだが…。その上、GOE -0.8 で、6.90だった。本来なら3Lz+2Lo+2Loは基礎点だけでも(6.0+1.5+1.5)×1.1(後半)=9.90とれていたはず。ここでも、3.0のロス。以上から、フリーでは、6.0のロスがあったことになる。これが無ければ、FS:130.02+6.0=136.02 がとれる。フリーの演技後に TES 70.18 の数字を見たときは、ちょっと低いなと思ったが、ジャンプの評価が厳しく6点ものロスをしていたことを思えば、納得できる。
○総合得点:以上から、計算上 SP・FSの合計で、ジャンプのTESの上昇分だけで、206.92 まで上げられる。さらに、SP, FSともレベル4でないスピンがまだあるし、PCSもまだまだ伸ばせる。完璧な演技をすれば210点以上とれるだろう。
【関連商品】
「チャルダッシュ」(オムニバス)
「ワールドフィギュアスケート No. 25」(新書館)
blog1 | ▲ フィギュアスケート・生観戦関連 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 23:53 | - | - |
Comment









Trackback
URL:
高橋、歴代2位で初優勝 日本勢が上位独占(共同通信) - goo ニュース 浅田真央が初V、フィギュアGP初の日本勢メダル独占(読売新聞) - goo ニュース 日本で開催、それもテレビ局主催なので、 全競技放映してくれるのではないかと期待していたNHK杯。 女子シング
空色のきもち,2006/12/11 12:46 AM
早くも、予定を変更(笑)して、この記事から、NHK杯の感想を述べさせて頂きます。
キス&クライは、もういらない。 No more kiss and cry!,2006/12/11 4:54 PM
有力選手の欠場が相次ぎ予想されたこととはいえ、本当に日本の3選手が表彰台を独占す...
Giorni Cantabili,2006/12/11 9:20 PM
昨日行われた「ニューイヤーフィギュア2007ジャパン・スーパーチャレンジ」、最高に盛り上がっていましたね!!
News Hit Channel,2007/01/05 4:22 PM
高橋大輔?橋 大輔(たかはし だいすけ、1986年3月16日 - )は、日本の男子フィギュアスケート選手。岡山県倉敷市出身。倉敷翠松高等学校卒。関西大学文学部在学中。血液型A型。*日本人男子初の世界ジュニアフィギュアスケート選手権|世界ジュニア選手
美優の部屋,2007/03/23 8:05 AM
ジャンプジャンプ(jump)# 跳躍。跳びはね。陸上から飛び上がって再度着地すること。(着地地点の上下、用具使用等の条件は問わない。比ゆ的に用いることもある。)# 陸上競技の三段跳びの三歩目の跳躍。# スキージャンプ。スキー競技のうち、ノルディ
咲良の部屋,2007/03/28 8:12 AM